2006年07月05日

喫煙による経済的損失

おなじくWBSです。耳の痛い内容です。

喫煙による健康被害は、医療費などの経済的損失にもつながっているとのこと。

日本の喫煙人口は、およそ3,000万人。 なんと4人に1人が喫煙者!!!
そんなにいるのか!?って感じがします。でもこれじゃあ、非喫煙者はイヤな思いをしますわなあー
喫煙者の男女比率は、男性48.3%、女性13.6%とのこと。

喫煙による経済的損失は以下の通り、すごいことになってます。

・喫煙者の医療費   1兆2,900億円
・間接喫煙者の医療費    146億円
・労働力の損失    5兆8,000億円
・火災による損失      2,200億円

すごいですなあー
合計して1人換算すると約6万円/年ってところでしょうか・・・

4月から、禁煙の外来に保険が適用されるようになり、タバコを吸うことが1種の病気だと認識されるようになっています。6月からは禁煙パッチにも保険が認められ、費用が3〜5分の1に。

どうやって調べたかはわかりませんが、禁煙人口3,000万人のうち、喫煙希望者は800〜900万人と推計されるそうです。ここにもビッグビジネスがありますね。

禁煙しますかねえー
 



posted by planner at 14:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顧客獲得作戦

6/27のWBSは、小売業についての調査内容。

各小売業の総売上の調査では以下のようになっている。

百貨店  6.3ポイントアップ
スーパー 2.2ポイントダウン

各小売業では顧客獲得の作戦として、様々な取り組みを始めている。

新橋の京急ストアでは、これまでのサラリーマンのおじさんからOL向けに、スイーツやベーカリーなどおしゃれなお店にリニューアルされている。

ダイエー碑文谷店では、食品売り場に鮮魚「魚力」と有名な「美土里寿司」がオープンし、新たなお客を取り込む。

消費者の意識が上質化に向かっていることから、より質の高いものを提供していく必要がでてきている。

そごう千葉店では、に明治から大正期の町並みを再現したフロアにリニューアル。百貨店内に44店舗ものお店が集まる「趣味の街」となっている。古銭や趣味の道具など質の良いものを集めている。手芸なども体験可能。

そしてポイント制度についても紹介されていた。
40歳以下の女性の30%が10枚以上のポイントカードを持っているとのこと。
野村総合研究所の推計では、約4,500億円のポイント残高があるという。

ビックカメラは購入したポイントをJRでSuicaとして使えるサービスを開始したことで、3ヶ月で10万人以上が入会。差別化がなくなってきている現状があり、顧客の囲い込みから利便性を向上するサービスへ移行してきている。

そんな中、あえてその場で安く現金割引することで差別化するケーズデンキは、営業利益が昨年度より約50%増加している。そのため、1ランク上の商品が売れているらしい。

ポイント制もいいですが、ケーズデンキのように商品そのものの価値を提供するのが大事かもしれません。



人材不足と闘う!

おなじく6/26のWBS。人材関連のお話しお話し。。

日本で就職したい外国人の専門人材サービス会社「センサップ」という企業では、45ヵ国の外国人のエントリーシートを集め、留学生の就職支援もやっている。

4月に創刊したフリーペーパー「国際交流新聞」では、日本の経営者や外国人のビジネスマンなどを外国人留学生が取材する内容となっており、現在5万部を発行している。取材によって、ビジネスマナーや敬語もおぼえられるという。そして向かった先は「ワタミ」の社長。そう、また「ワタミ」。。。なんか、WBSってワタミと仲がいいのかねえ〜 ワタミ率たかいよね〜

2004年の就労ビザ申請件数は5,820人となり、5年前の約2倍になっているとのこと。
日本もこれから少子化社会になっていくが、ビジネスとしてはちょうどいい時期かもしれませんねえー

とはいえ、これまでも日本には結構外国人が多くって、あまりいい仕事につけなかった現実もあり、、、

&外国人向けのビジネスマナー講座も紹介されており、あいさつや自己アピールなどの面接対策を学べます。計9時間で21,000円也。良心的な価格。逆駅前留学!?

人材派遣大手のテンプスタッフは、外国人向けに「テンプスタッフ・ユニバーサル」という会社を立ち上げ、スタッフの大半が英語・中国語・韓国語のネイティブとのこと。
欧米系の登録者から中国系にシフトしていて、国籍は中国・韓国・インドなどが約60%、米国・英国・カナダなどが約40%となっている。人口比率的にもいい割合ですかな。
インターンシップ制度もあり、なかなかいいです。

日本のIT技術者は探しにくいらしく、韓国IT技術者のほうが探しやすいらしい。ま、韓国のほうがITに関しては進んでますから。。。

そしてヘッドハンティングを手がける「サイト・フライト」では、30代のマネジメント職での採用が多くなっている。サービス・情報・ネット・小売りなど国内のみで展開していた企業が、日本のビジネスモデルをもって海外展開することが多くなっているらしい。

オプトへ入社した韓国人女性は、最初は韓国進出プロセスを作ってグローバルな仕事をしていきたいと話す。

国を問わず、優秀な人材を採用する時代に。
世の中だんだん変化してきてますねえ〜
 



事業承継

6/26のワールドビジネスサテライト。

日本の経営者の平均年齢は、58.5歳(2004年)。

中小企業が毎年約29万社も廃業する中、その25%が後継者不足で廃業しているほど、後継者不足が問題となっている。

そのため、事業承継をテーマにした事業戦略のセミナーが人気らしい。

社長の後継者である息子が、その事業をやりたくなかったり、できなかったりする部分が課題になっているようで、これって、後継者派遣会社とかポスト社長スカウト会社とか作ったら、廃業しなくてよい企業が増えそうな。左脳的な考え方でしかないですが、後継者不足の企業同士が合併するとか、どこかの会社へM&Aするとか、組む企業によってはお互いにかなりニーズとメリットがありそう。

会社経営者も、承継するより会社と社員が良くなればいいという考え方になってきているとのことぉ。

友禅染めの老舗、株式会社千總(ちそう)は、永遠に続く会社として、中国の教えである「開物成務」(いろいろなことを開発して事業を成し遂げること)という理念をまもっている。創業1555年から続くこの企業は、デニムやビーチサンダルなどとのコラボレーションによって新しい形で会社を継続させている。そして400年以上のデザインを元に、新しいデザインをつくりだす。

会社の形やこだわりより、人ありきってことですかねえー
 



2006年07月03日

旬の食べ物 所萬遊記

今日の所萬遊記は、旬な食べ物を日本全国から取り寄せ、
食べる、食べる!食べる!!!
写真は適当にあちらこちらから集めてみました。


・1品目は北海道から、ホワイトアスパラ →焼きアスパラに。。。

ホワイトアスパラ


・岩手県の岩ガキ →岩ガキのオーブン焼きに。。。

岩ガキ


・高知県のファーストトマト フルーツに近い甘さらしい →トマトサラダに。

ファーストトマト


・高知県四万十川の天然鮎 →塩焼きにした鮎を、ご飯と一緒に炊き込み。

四万十川の天然鮎


・沖縄県から、今帰仁(なきじん)アグー(幻のブランド豚) →その肉を揚げてトンカツに。。。

今帰仁アグー


・東京の穴子。 穴子のつけ焼き →穴子とゴボウの玉子とじに。

穴子


・山形県のさくらんぼ「佐藤錦」。1粒約300円 →そのまま食べる。。。

さくらんぼ「佐藤錦」


あー、、どれもうまそうです・・・
 



アウトドアレジャービジネス ワールドビジネスサテライト

6/23のWBSからもう1つ。アウトドアレジャーについて。

アウトドア用品も、健康がテーマに大きくシフトしてきている。

現在、日本のアウトドアレジャー市場は、若者ではなく団塊世代が主役となっているとのこと。
確かに、東京駅とかでリュックを背負ったおじいさんおばあさんをたくさん見かける。若者が山や自然を楽しむことが少なくなっていることも影響している。

何らかのアクティビティのある体験型レジャー施設も人気とのこと。
無印良品が運営するキャンプ場では、テントなど一式が1万円でレンタルでき、初心者でも簡単に楽しめたりする。

団塊世代はこれからアツいです。
イマ解き「大量リタイヤ『団塊世代』狙う5兆円」
 



アルバイト特需 ワールドビジネスサテライト

続けて、「アルバイト特需」についてWBSで紹介されていた。

人件費負担というところで、アルバイトを活用したい。
アルバイトはいるだけ欲しい。

というニーズと現状の中、アルバイトの情報誌は、全国で300誌を超えているという。そして求人はこの2年間で1.5倍に。それでもなかなかアルバイターは集まらないらしい。

そんな中で誕生したのが、ロケーションバリュー社のサービス。企業とアルバイトをリアルタイムで結ぶマッチングサービスで、GPS機能つきの携帯電話を使い、企業の近くを歩いているアルバイターの位置情報を使って、自分の近くにある求人とマッチングさせる。出先であっても、偶然出来た空き時間を利用して、いつでもどこでもアルバイトができるビジネスモデル。

リアルタイムマッチングサービスの流れ 〜 出先で 〜

@アルバイト可能な会員がGPS携帯で現在位置を知らせる
 携帯で今ヒマモードにする
A近くにある企業が採用メールを送信「お手伝い採用通知」
 今から1時間後、ここから10分の場所にある飲食店のホール・ホールスタッフのアルバイト
Bアルバイトのマッチング成立
 これで手続きが完了し、アルバイトできる。


簡単&はやいです。1クリックですねえー すばらしいです!!!

企業の携帯端末には、「今すぐ働ける会員」の現在位置情報が表示される。

ロケーションバリュー

ローソンで実証実験をしたところ、募集して25分で2人の学生が応募してきた。
そして実際にすぐアルバイトする。アルバイトが風邪で休んだときなど、急な対応が可能。企業側から直接・積極的にアプローチできるところがメリット。ロケーションバリューは、50社ほどと提携する予定。


一方、アルバイトが主役!というテーマについても紹介されていた。

アルバイトに在庫管理や経営に参加させることでやりがいを与え、すぐにやめない体制をつくっている。他社のビジネスモデルの勉強会や試験を実施し、ランク付けすることでやる気を出させるなど、当事者意識を持たせることで前向きに働いてもらう職場を提供している。

様々な取り組みがあるけれど、ここにも日本社会の2極化がやってきてます。
 



新古市場を狙え!! ワールドビジネスサテライト

6/23のWBSは、「新古市場」についての特集。

モデルルームに展示された家具を引き取り、インターネットで低下の半額以下で販売するサービス「お新古市場」。完全な新品でもないが、中古品でもない新たな市場。

oshinko.jpg

高層マンションの乱立がピークとなり、流行の先端に即したグレードの高い家具が多く残っているらしい。その家具を買い取り、展示中のキズは直して販売。ソファーがよく売れているらしい。

その業者いわく、新古品市場は5〜7年は倍々で延びていくとのこと。

建材のアウトレットを販売するお店もあり、わずかなキズがついているぐらいで、あとは新品と全く同じ状態の商品を、市場価格の3割程度で販売している。企業が在庫処理に困っている返品商品や生産過剰品なども販売されている。年2回、ショールームの製品入れ替えに合わせて、商品を仕入れているらしい。在庫処理をしたいメーカーと安く買いたいユーザーのニーズがマッチした市場。

個人のビジネスとしても紹介されていた。

子供服のアウトレット商品を、ネット上で販売するある人は、月に1回アジア諸国の工場へ行って、メーカーが発注した契約工場で商品を直接買ってくる。そしてネットショッピングで個人商店向けに、約100ブランドの子供服を半額で商品を卸す。1日に20〜30万円の売上があるらしい。ここ最近は会員契約の数も増えて、週に新しく10件程度契約し、現在約300社と契約中。すばらしいっす。

ユーザーのニーズに合わせた商品開発の影響で、在庫がこれまで多かったけれど、年々、国内の鉱工業の在庫が減ってきているらしい。衣類や電化製品などの在庫率が21%減少しているとのことだが、それもこれも、こういったニッチなビジネスを展開している企業や個人の影響らしい

まだまだ伸びそうな新古市場は結構魅力的ですなあー

そういえば、飲料メーカーの大量在庫を数十億円で買い取り、その代わりにその飲料メーカーの広告費をもらうビジネスがあったなあー。世界的な広告会社で、数百億円単位の売上がある会社。また名前をわすれてしまった・・・・




変わる株主総会

6/22のWBSで、今年の株主総会の変化について紹介されていた。

今年は前年に比べ、個人株主数が268万人増の3,807万人(過去最高)となり、個人株主が増加したことで企業側の総会への対応が変化してきている。
日本人口の30%が、何かしらの形で株を保有してるのですなあ。子供を除くと、ほぼ50%ぐらいかしら。

ヤフーは22万人の株主がおり、今年は国際フォーラムで5,000人規模で実施。しかし大きな目玉が無いことから1,022人の参加。それでも会場を変更したことは評価されたらしい。

ワタミは66,000人の株主、両国国技館で実施。会場の外でお好み焼きや焼き鳥などの弁当を販売して、キッズコーナーも準備するなどの対応。株主さんと会社のことをじっくり議論したいと前向き。

元気寿司の株主懇親会では、普段店舗で出している寿司を振る舞い、楽しんでもらう。これは参加したいな。

サンリオは5,000人増加し、会場では1万円以上するキティちゃんグッズを提供。家族ぐるみで参加できることを目的とした株主も多く、宝塚歌劇団スタッフが演出するミュージカルも上映するなどの力の入れよう。

4℃では、限定商品をプレゼント。女性の株主が45%増え、1,500人となっている。

各社それぞれ、のっとりを防ぐためにも株主への配慮によって安定株主としたい意向があり、それが長い目でみたとき会社の売上にも反映されると考えている。

というか、それが通常で、株主と企業のいい関係だと思う。しかし、海外投資家が稼ぎたい考えもあり、日本はここしばらく株ブームにのせられてますが、ま、それが結局のところ経済活性化や株価上昇につながるなら1つのきっかけとして良いんではないかと思います。

実際、そういった企業の変化は、会場となるホテルにも影響を与えていて、某ホテルでは前年より3〜4割の問い合わせが増えているとのこと。

しかし、働くことだけが人生の目的でもなく、すばらしいとも考えていないけれど、欧米の影響を受けて、最近の若い子達は投資家になって自由に暮らしたい人や、アーリーリタイヤしたいと考えている人が結構増えている。おかげで何をしたいかわからないの?って人が結構増えちゃってる現状は、ちょっとばかり悲しい部分があります。

そして後半は、村上ファンドの村上氏に対する、株主からの考え方をインタビュー。株主を味方につける戦略もさることながら、株主にとっても企業経営者にとっても考え方は様々で、企業は株主のものor企業のものor従業員のものなど千差万別。こういう特集を見ていると、株主も企業もその企業に染められた従業員も自己中心的でどうしようもないですなあー。CSRなる言葉がいまさら流行ってますが、それより先に、一般のお客さんを大事にしてね。

ISSジャパンという、海外向けに株主総会の議案の中身を判断する企業も紹介されていた。日本買いですよ日本買い。そして日本全体の株主による持ち株比率は、金融機関、事業法人、個人などの他に、外国人が26.7%を占めている現状。グローバリゼーションというすばらしい掛け声の下、それが良いとか悪いとか別にどうでもよくって、経済重視だけで進んじゃってる日本に、別の切り口持ってきたいなと思うところは常々あるところです・・・
 




初脱臼 通院結果

写真のような感じで、ギプスされました。
結果は、脱臼と2〜3mmの骨が欠けた骨折。でもまったく痛みはなし。
全治2週間です。そしてその後リハビリ。
会社に行くと、30歳を超えて骨折なんて、、、みたいな反応。。。
 
200607031355000.jpg
posted by planner at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。