2006年07月08日

未来創造堂 世の中を救った、亀の子たわし


100年前、日本人の平均寿命は40歳ぐらいだった。
様々な病気が原因でもあるが、台所できれいに食器を洗うものがなかったため、コレラや赤痢などによって亡くなる人が多かったという。

昔、たわしは藁をまとめたものを使っていたらしい。
そこで西尾正左衛門という人が、食器をきれいに洗うため、亀の子たわしを発明した。
でも亀の子たわしには特許が認められていなかった。そこであるメーカーが訴訟をおこし、いちゃもんをつけ、亀の子たわしを独占しようとするが、しかし、西尾正左衛門はそれにまけず、世の中の苦しむ人たちを救うためにたたかう。
結局、国は亀の子たわしに特許を認め、亀の子たわしは普及していく。

亀の子たわし(束子)は、形が亀に似ていることから、亀の子たわしという名前にしたという。

現在、亀の子たわしは年間600万個製造され、世界30ヶ国へ輸出されている。
でも、99年前から、形はそのままだという。

すばらしい・・・




posted by planner at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になる グッズ goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい話ですね^^亀の子たわしをマジで探すときありますもんね!あれじゃなきゃやりにくいこともあります。
Posted by 超人 at 2006年07月10日 01:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。