2006年07月03日

アルバイト特需 ワールドビジネスサテライト

続けて、「アルバイト特需」についてWBSで紹介されていた。

人件費負担というところで、アルバイトを活用したい。
アルバイトはいるだけ欲しい。

というニーズと現状の中、アルバイトの情報誌は、全国で300誌を超えているという。そして求人はこの2年間で1.5倍に。それでもなかなかアルバイターは集まらないらしい。

そんな中で誕生したのが、ロケーションバリュー社のサービス。企業とアルバイトをリアルタイムで結ぶマッチングサービスで、GPS機能つきの携帯電話を使い、企業の近くを歩いているアルバイターの位置情報を使って、自分の近くにある求人とマッチングさせる。出先であっても、偶然出来た空き時間を利用して、いつでもどこでもアルバイトができるビジネスモデル。

リアルタイムマッチングサービスの流れ 〜 出先で 〜

@アルバイト可能な会員がGPS携帯で現在位置を知らせる
 携帯で今ヒマモードにする
A近くにある企業が採用メールを送信「お手伝い採用通知」
 今から1時間後、ここから10分の場所にある飲食店のホール・ホールスタッフのアルバイト
Bアルバイトのマッチング成立
 これで手続きが完了し、アルバイトできる。


簡単&はやいです。1クリックですねえー すばらしいです!!!

企業の携帯端末には、「今すぐ働ける会員」の現在位置情報が表示される。

ロケーションバリュー

ローソンで実証実験をしたところ、募集して25分で2人の学生が応募してきた。
そして実際にすぐアルバイトする。アルバイトが風邪で休んだときなど、急な対応が可能。企業側から直接・積極的にアプローチできるところがメリット。ロケーションバリューは、50社ほどと提携する予定。


一方、アルバイトが主役!というテーマについても紹介されていた。

アルバイトに在庫管理や経営に参加させることでやりがいを与え、すぐにやめない体制をつくっている。他社のビジネスモデルの勉強会や試験を実施し、ランク付けすることでやる気を出させるなど、当事者意識を持たせることで前向きに働いてもらう職場を提供している。

様々な取り組みがあるけれど、ここにも日本社会の2極化がやってきてます。
 



posted by planner at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | こんなサービスあるのね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
goods planning: アルバイト特需 ワールドビジネスサテライト
Posted by クリスチャンルブダン at 2013年07月20日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20222629

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。