2006年07月03日

新古市場を狙え!! ワールドビジネスサテライト

6/23のWBSは、「新古市場」についての特集。

モデルルームに展示された家具を引き取り、インターネットで低下の半額以下で販売するサービス「お新古市場」。完全な新品でもないが、中古品でもない新たな市場。

oshinko.jpg

高層マンションの乱立がピークとなり、流行の先端に即したグレードの高い家具が多く残っているらしい。その家具を買い取り、展示中のキズは直して販売。ソファーがよく売れているらしい。

その業者いわく、新古品市場は5〜7年は倍々で延びていくとのこと。

建材のアウトレットを販売するお店もあり、わずかなキズがついているぐらいで、あとは新品と全く同じ状態の商品を、市場価格の3割程度で販売している。企業が在庫処理に困っている返品商品や生産過剰品なども販売されている。年2回、ショールームの製品入れ替えに合わせて、商品を仕入れているらしい。在庫処理をしたいメーカーと安く買いたいユーザーのニーズがマッチした市場。

個人のビジネスとしても紹介されていた。

子供服のアウトレット商品を、ネット上で販売するある人は、月に1回アジア諸国の工場へ行って、メーカーが発注した契約工場で商品を直接買ってくる。そしてネットショッピングで個人商店向けに、約100ブランドの子供服を半額で商品を卸す。1日に20〜30万円の売上があるらしい。ここ最近は会員契約の数も増えて、週に新しく10件程度契約し、現在約300社と契約中。すばらしいっす。

ユーザーのニーズに合わせた商品開発の影響で、在庫がこれまで多かったけれど、年々、国内の鉱工業の在庫が減ってきているらしい。衣類や電化製品などの在庫率が21%減少しているとのことだが、それもこれも、こういったニッチなビジネスを展開している企業や個人の影響らしい

まだまだ伸びそうな新古市場は結構魅力的ですなあー

そういえば、飲料メーカーの大量在庫を数十億円で買い取り、その代わりにその飲料メーカーの広告費をもらうビジネスがあったなあー。世界的な広告会社で、数百億円単位の売上がある会社。また名前をわすれてしまった・・・・




posted by planner at 19:40| Comment(0) | TrackBack(1) | こんなサービスあるのね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20220915

この記事へのトラックバック

お新古市場
Excerpt: お新古市場ちちんぷいぷいを観ていたら、登場してきたお新古市場。楽天だったんですね。分譲マンションのモデルルームで使われている家具や雑貨を買取り、新古品として販売しているそうです。なるほど・・・賢いです..
Weblog:   playt&cinemacoco+ 徳島トリエンナーレ2007
Tracked: 2007-09-04 22:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。